<< 建築式典 & 社内検査 小田原 住宅新築工事 >>

近山きこりの会 「第13回大黒柱を伐りに行こう」 イベントレポート

先日(12/4)「第13回大黒柱を伐りに行こう」イベントを実施いたしましたので、
安池・二村がレポートします。

今回は現在弊社で設計打合せ中の建主さんと施工中物件の設計事務所(ビルトロジック)さんが参加して頂き、それぞれの大黒柱を伐採を行いました。


d0096520_10465417.jpg山主さんのご協力のもと森へ、大黒柱となったときの太さ・長さ等考慮しながら大黒柱となる木を選んでいきます。
プロのアドバイスをいただきながら、みんな自分の大黒柱となる木を探しに山の中を歩きまわります。
今回選ぶのは杉と桧の大黒柱となる通し柱で8寸角を予定し、木の直径が約38センチもあります。


d0096520_10433481.jpg建主さんご家族が見守る中、厳選された1本をチェーンソーで伐採開始です。
森の中にチェーンソーの音が響き渡り、その後大木が倒れた瞬間みんなで「おぉ~!」のあと拍手!!
毎回この瞬間は感動となんともいえない爽快感がありますね。


d0096520_10455432.jpg伐採完了! みんなで立派な大黒柱となる木を確認します、年輪を数えたところ約55年前に植栽した木でした。
近くに行くととても大きく立派な木であることを感じます。
予定を少し押して昼過ぎに伐採終了、今回は杉と桧を合計4本伐採しました。


d0096520_10413238.jpg伐採後、昼食を前回同様「いこいの森」でBBQをいただきました。本当は12月から2月までは営業していないそうですが、今回は特別に対応していただきました。ありがとうございました!
(今回は、思い出すとおなかがすいてくるので写真はUPしませんでした・・・)

午後、製材所へ移動して製材の様子を見学です。
昼食中に大黒柱となる材木を製材所に移動しておいていただいて、早速製材開始です。
今回の材木も製材して分かるのですが、4面とも無節に近いとてもきれいな木目が現れてきました。
やはりちゃんと管理されている山の木は違いますね!
この後、大黒柱はは弊社の倉庫で大工さんが加工するまで乾燥となります。
今回ご参加いただいた皆様、1日ごくろうさまでした。 また、ご協力していただいた組合・製材所の皆様ありがとうございました。
この後この大黒柱が加工され上棟された時にはまたレポートいたします。

ではまた。


http://www.yasuike.co.jp 株式会社 安池建設工業・二村
[PR]
by jibun-no-ie | 2010-12-06 12:06 | イベントレポート | Comments(0)
<< 建築式典 & 社内検査 小田原 住宅新築工事 >>