地縄張り & 地盤調査(SWS&SDS)

d0096520_11223290.jpg

こんにちは。安池建設 伊東です。

先月、建替えの為弊社にて解体工事を行った現場で
地鎮祭に先立って地縄張りがあり見学してきました。

敷地内の高低差、暑さの厳しい時間帯という
条件でしたが設計担当者と工事部のスタッフで、
光波(測量機器)を用いて
正確にポイントを計測してました!


d0096520_11224383.jpg
そして、地鎮祭を終えた翌日に
地盤調査があり、またまた見学へ。

調査方法は一般に住宅で多く採用されてる
SWS調査と、まだ馴染の少ない
SDS試験(スクリュードライバーサウンディング)。

SWSにて地盤の強度を調査して
SDSにて地盤の土質や沖・洪積層の調査と
回転トルク、速度、貫入量などを計測します。



SWSの全自動タイプの機械にチャックユニット?をSDS用に付替えて行う調査なので
一度に一つの機械で二種類の調査が行えますし、土質の判定ができるので
地盤の過剰設計の低減によりコストダウンにもつながります。

さて、調査結果は?

http://www.yasuike.co.jp 株式会社 安池建設工業 ・ 伊東
[PR]
by jibun-no-ie | 2013-09-03 11:59 | 社員レポート | Comments(0)


<< 新築住宅 「鎌倉」 大磯 >>